フラワーEXPRESS

花や花き産業をテーマにした独り言&辛口コメント
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
植物リストの編集作業中

今、山野草や宿根草生産者・農場の出荷予定植物を販売店に向けてメール配信するための画像
編集を行っている。
リストだけはすでに一部販売店には配信済みだが、画像は送っていないので現在編集中。
とりあえず山野草と宿根草の予定リストを優先しているが、これが済んだら他の植物についても
予定リストを作成するつもりでいる。
できるだけ早い情報を販売店に流したいと思っているので急いでいるが、品種が多くて少し手間取
っている。
この春には私どもの会社が輸入した品種が多く出来上がってくるので楽しみにしている。
生産者や販売店にとって少しでも差別化できるものを探して提案をしているつもりだが、問題はそ
ういった品種の多くは非改良のものが多くて、発芽から出荷までどうなるかヒヤヒヤする。

それとは別に編集作業をしながら思っているのは、顧客提案の仕方や販売店へのサポートが、一
番大きな課題になる気がする。
せっかく面白い品種や市場性のありそうな植物があっても、それを販売する店の人の知識や経験
が不足していると「宝の持ち腐れ」状態になる。
売り方を含めてアドバイスが出来るシステムを構築したいと思って流通に乗り出したが、正直なと
ころ思った以上に大変で、仕事量の多さに追いまくられているのが現状である。
それでもこの業界に足を突っ込んでいる限り、良識や良い意味での危機感を持った生産者や販
売店とタッグを組んでやるしかないと考えている。

正直なところ、全部ではないが1年草メインの生産者の意識は低くて危機感があるのかないのか
あるとしても自分が関わってきた範囲のことでナントカしようと考えている程度の生産者や販売店
が多い気がする。
何事にもリスク無しで上手くできれば一番良いが、そんなうまい話はない。
どうもそのあたりのことがよく分かっていない生産者や販売店が多いのは困ったものである。
 
- | 04:20 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
- | 04:20 | - | - | - | - |
コメント
コメントする